アトピーと乳児湿疹の違いは?新生児のアトピーの特徴はある?

新生児に見られる肌トラブル・・乳児湿疹なのかアトピーなのか正直判断できないのではないでしょうか??

 

難しいところではありますが判断基準を知っておけば不安が少し解消されるかもしれません。

img3ef7336czikezj

新生児の場合によく見られる湿疹で乳児湿疹というものがあります。

 

これを知らなければ湿疹=アトピーと判断してしまう人も多いかもしれませんね。

 

湿疹の症状が2ヶ月以上続く場合はアトピーの可能性大

乳児湿疹はほとんどの新生児がなる症状です。

 

その多くは特に治療も必要もなく清潔、保湿を心がければ短期間で完治するものなんですね。

 

 アトピー予防にオススメな赤ちゃんのための保湿クリームはこちら

 

しかしこの湿疹が長期期間治らない場合・・2ヶ月以上も湿疹がひかない場合はアトピーの可能性が非常に高まりますので診察を受けるようにしてください。

 

アトピーはかゆい

アトピーの特徴として挙げれるのがかゆみを伴うということです。

h02

乳児湿疹の場合はそれほどかゆみはないのですが

 

赤ちゃんがかゆいあまり皮膚をかきむしってる時がみられた場合もアトピーの可能性がでてきますので注意が必要です。

 

アトピーはどんな症状が見られる?

関節部分や耳の付け根が裂けて流血する場合もあります。

timg02

非常にお肌が乾燥しかゆみを伴うので赤ちゃん自身がかきむしりキズだらけになることも・・・

 

最終的にはジュクジュクした症状になってきます。。

 

赤ちゃんの場合はにも湿疹が現れるので注意深く様子を見てあげるようにしましょう。

 

なんでアトピーになるの?

アトピーというのはアレルギーです。

 

そしてアレルギーは基本的には食べ物からきます。

 

牛乳小麦大豆、さらにはお米までもが原因になるといわれています。

ma_166

「そんなこといってたら何も食べさせれないじゃないか・・」

 

もちろんだからといって食べるなというわけではありません。

 

あくまで摂取しすぎないように気をつけるようにすることと母乳時の場合はお母さんが食べたものが子供のご飯になりますのでお母さんの食生活も意識しないといけません。

 

食べ物以外にも遺伝ダニハウスダストが体内に侵入することで起こるともいわれています。

mushi_dani

乳児湿疹とは違いアトピーはかゆみを伴い2ヶ月以上湿疹が治まらない。

 

赤ちゃんのお肌は非常に敏感で勝手な自己判断での治療は控えたほうがいいでしょう。

 

かかりつけの病院の診察を受け正しい治療法を聞くことが早期に治す方法だということを忘れないようにしましょうね(*´ω`*)

 

スポンサーリンク