ベビーパウダーは危険なの?あせもに防ぐために効果的なのはウソ!?

あせもを防ぐための対策として

 

ベビーパウダー又はシッカロール

 

を使用する家庭は多いのではと思います。

 

しかしちまたでは

 

「ベビーパウダーは危険だから使わない方がいいよ」

5ff71cc5

という意見も耳にした事がある人もいいると思います。

 

赤ちゃんがあせもになった時に有効的な対処法といのは嘘だったのでしょうか?

 

危険といわれる理由とは?

ベビーパウダーが危険という話はあながち間違いではありません。

 

危険といわれる主な理由として

 

  • 汗腺をふさいでしまう
  • 粉が空中に飛散し吸い込んでしまう

 

といわれています。

 

しかし正しく使用すればこういった事が起こることもないんです。

汗腺をふさいでしまう?

汗腺というのは汗を分泌するための重要な腺です。

 

ベビーパウダーというのは通常乾いた状態の赤ちゃんの体に塗布してあげるものです。

 

しかしお風呂あがに水分が残っている状態や汗をかき拭き取らず湿った状態のままベビーパウダーを多く塗布することでパウダーが固形状になりだまになってしまうんです。

2673d8a616ad21efe22234bccd0d26ce

こういった使い方を繰り返してしまうと赤ちゃんの汗腺を塞ぎ最悪はあせもの悪化につながってしまうんですね。

 

パウダーが空中に舞ってしまう?

ベビーパウダーは非常に細かい粒子状の粉です。

 

箱に入った粉を赤ちゃんに直接振りかけるといった塗布の仕方や大量に取り出したりするとパウダーは空気中に飛散します。

 

少しのことなら気にすることはありませんがこの粉が赤ちゃんが吸い込み蓄積されると気管支に何らかの影響がでないとも言い切れないそうです。

赤ちゃん-百日咳-症状-300x288

塗布する際はクッションパフや親の手のひらに取り出してから塗布するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

上手に使えばあせも対策としては有効?

あせもにベビーパウダーは有効といわれています。

 

パウダーを塗布することでお肌をサラサラに保つことはできます。

mig

しかしあくまで少量の塗布を意識することが大事です。

 

「いっぱい使った方が効きそうだけど?」

illust2096

とついつい思ってしまいますが

 

 少量を汗の分泌が多い箇所にパウダーの白さが残らないように伸ばす。

 

これが重要になってきます。

 

ベビーパウダーは間違った使い方をすれば危ない可能性もでてくるが正しい使い方をするこであせもの対策としては十分有効です。

 

あせもだけでなくおむつかぶれにもベビーパウダーは有効とされています。

 

しかしこの場合でもきちんとした使い方を意識するのが大事です。

 

といっても全然難しいわけではないので誰でもできると思います。

 

しかしベビーパウダーっていい匂いですよね~(*´ω`*)

スポンサーリンク