ホットカーペットを使うと赤ちゃんは低温やけどしてしまうの?

冬の暖をとるためにホットカーペットの使用を考えてる人もいると思います。

 

「赤ちゃんに使うんだったら低温やけどするからやめた方がいいよ。」

 

といわれ人もいるかもしれませんね。

 

では実際はどうなんでしょうか?

 

5c97ad8c73d43d89662fe8bf09ba6405

 

赤ちゃんにホットカーペットはダメ?

確かに低温やけどの可能性はあるのが現実です。

 

もし寝返りができない。。ハイハイもできないほどの月齢の赤ちゃんで

 

ホットカーペット上で寝かしている。。

 

lgi01a201308070400

 

事に心当たりがある人は低温やけどの心配を意識する必要があります。

 

同じ場所にずっといることが危ない・・

生後半年未満であれば睡眠中ほとんど動かないですよね。

 

なのにホットカーペット上で寝かしてしまうと

 

同じ位置がずっと暖められるわけです。

 

ホットカーペットは最大で45度ほどまで温度が上昇しています。

 

その温度が同じ位置まだ皮膚の弱い赤ちゃんにあたっていると低温やけどの可能性はあるんですね。

 

illust-52

 

しかしあくまで長時間の場合です。

 

短時間であれば特に心配する必要もないでしょう。

 

しかし寝かす場合はホットカーペットの上ではなくお布団に移動さしてあげることが1番いいのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

基本的には赤ちゃんは暑がり

冬は寒いですがあなたほど赤ちゃんは寒いと感じていないんです。

 

ホットカーペットは部屋全体を暖める暖房機器ではなく直接的に体を暖めるものですよね。

 

もしエアコンやファンヒーターを使ってお部屋を暖めている状態であれば

 

01_img01

 

カーペットは必要ないかもしれません。

 

部屋がぬくもってあるのであれば赤ちゃんにとっては快適に過ごせているはずです。

 

ホットカーペットにメリットはない?

そんなことはありません。

 

赤ちゃんを遊ばせる位置が決まっている場合やお座りしたりハイハイする時に下が冷えていないので快適に動くことができますよね。

 

url

 

さらにエアコンなどの暖房機能は空気を乾燥さしてしまいがちですが

 

ホットカーペットであればそんな心配もありません。

 

温風もでないのでほこりが舞ったりもしませんので安全です。

 

 

ホットカーペット上に長時間、同じ個所が触れていると低温やけどの可能性がある。基本的には赤ちゃんが寝てしまった場合は電源を切るかお布団に移動さすことが望ましい。

 

 

もし低温やけどになってしまうと赤ちゃんは体が小さい分割合が広くなってしまいます。

 

さらに治りが悪く跡が残ってしまう可能性もあります。

 

十分防げることですので注意してみてあげてくださいね(*´ω`*)

スポンサーリンク