子供の乳歯に虫歯が!?予防方法は?歯医者は行かすべき?

子供に歯が生えそろってきた。と嬉しい反面それだけ虫歯になる可能性がでてきたということになります。

 

虫歯ができないように予防する心がけが必要になってきます。

 

離乳食が終わった後は大人とかわらないような食事に変化します。

 

子供も

 

「あれが食べたい。これが食べたい。」

離乳食-293x300

私たちもついついいろんなものを与えてしまいがちです。

 

与えるのはいいですがそこはもう私たちと同じで虫歯になる可能性もあるので予防するという意識をもちましょう。

 

やっぱりまずは歯磨きが基本

あなたも歯磨きしてますよね?

 

それは虫歯にならないようにでしょ?

 

なので子供にも歯ブラシを買ってあげて歯磨きさしてあげましょう。

赤ちゃん歯磨き

基本中の基本ですが大事なことです。

 

毎食後は難しいかもしれませんが寝る前はする習慣を付けてみましょう。

 

フッ素が含まれる歯磨き粉を使ってみよう

歯磨き粉を使用しても問題ない月齢になったらフッ素が含まれるものを使うのも効果的といわれています。

 

 子供が歯みがき粉を使用してもいいのはいつから?

 

フッ素とは虫歯菌の抑制と歯の表面の強化という役割があるのです。

fusso

赤ちゃんの歯の表面は大人に比べると弱く虫歯菌が繁殖しやすい状態となっています。

 

そこでフッ素の効力で歯を強化することで予防効果が期待できるそうです。

 

感染を防止しよう

同じ時に食事をしていて自分が使っているスプーンやフォークなどで赤ちゃんに食べさしてしまうと

 

もし自分の口内に虫歯菌が存在している場合、感染さしてしまう可能性があります。

c-06-157

子供には子供用を準備してあげることで感染は防げることができます。

 

赤ちゃんの虫歯は進行が早い!!

歯の表面にはエナメル質という素材で覆われています。

 

乳歯にはこのエナメル質が極端に少ないために虫歯の進行が大人に比べて倍以上早いといわれています。

09a0229b2f90ba3cb38c7ff0df6d5fd4

ほっておくとすぐに神経までにも影響を及ぼす可能性も十分あるそうです。

 

子供はまだ痛みを感じにくい!?

子供にはまだ

 

「痛い」

 

と感じる感覚の発達が不十分のため虫歯に気づきにくいといいます。

 

そのために虫歯だったとしても子供本人の自覚がないために発見が遅くなるケースが多いといいます。

 

なので常に観察をし歯の状態を確認することで虫歯の早期発見が大切になってきます。

 

スポンサーリンク

 

 

虫歯を発見したらすぐに歯医者に行こう

虫歯を発見したらすぐに歯医者に連れていきましょう。

 

ほっておいて自己治癒するものでもないですしできてしまってからいくら歯磨きを頑張っても治るものでもないです。

 

嫌がると思いますが病院で適切な診察をうけましょう。

 

 

虫歯ができてしまった場合はすぐに歯医者に行くこと。子供の歯は大人の倍以上の速度で虫歯が進行してしまう。

 

 

チョコ、あめ、グミ・・

 

子供が大好きな甘い物・・

 

1度おいしい味を覚えてしまうと何度もほしがります。

valentine_chocolates

かわいい顔で求められるとどうしても断れませんね(;’∀’)

 

甘い物を与えだすとすぐに虫歯になっちゃいます。

 

しっかり予防してあげましょうね(*´ω`*)

スポンサーリンク