新生児がインフルエンザに…タミフルを処方されたけど大丈夫なの??

インフルエンザ…赤ちゃんの場合でも必ずしもひかないわけではありません。

インフルエンザウイルスにかかる可能性は十分あります。

 

風邪ひき子ども

新生児でもインフルエンザにかかる?の記事も参考にして下さい。

 

大人でもそうですがインフルエンザにかかるとタミフルというお薬を処方されると思います。

 

これは子供でも例外ではなく同じようにタミフルを処方されるケースが非常に多いと思います。

 

もちろん赤ちゃん用に服用できるようにタミフルドライシロップというお薬を渡されることでしょう。

 

しかしタミフルといえば怖いイメージを持つ人も多いのではないでしょうか??

 

そう

 

副作用です!!

 

大人でも副作用が結果として出ている分子供に使用するのは気が引けることがあるでしょう。

基本的に1歳未満のタミフルの処方は推奨していない

 

タミフルを製造している会社では1歳未満の投与は実はおススメしていないんです。。

 

え!!

 

と思う方も多いと思いますがそれには理由があります。

 

タミフルはインフルエンザは非常に効果的なお薬なのは間違いないです。しかし下痢、嘔吐、さらには幻覚を見るといった副作用もでる可能性があるのも事実です。もちろん100%ではありませんが…

 

子供用とはいえ1歳未満にタミフルを投与するのは正直気が進まない気持ちもある…

 

というのが医者、制作会社自身も正直思うところでしょう。

 

1歳未満にタミフルを処方する場合は副作用の説明、保護者の同意を求めることもあります。

 

ではそこまでしてタミフルを処方する理由はなんなのか??

 

 

インフルエンザは非常に強い菌で赤ちゃんにとってはかなり負担の強い病気になります。高熱を発することで脳症といった異常行動を起こすこともあるのです。

 

つまり子供自身の自己回復では厳しいものがあり安易に放置していると危険な状態になるのです。

 

大人でもつらいインフルエンザ…それが生後間もない子供がなれば想像できるのではないのでしょうか??

 

副作用が怖いからタミフルを飲ませないより高熱を何日も放置している方が危険なんです!!

 

もちろんインフルエンザに子供がかからないようにすることが1番大事なことです。マスクもできないことでも不利ですよね。

 

子供の手洗いうがいはもちろん親であるあなた自身が1番予防という部分に気を付けないといけません。

 

毎日のことですが特にインフルエンザが流行る時期はより意識しないといけないでしょう。

 

結論的に

 

 

1歳前後の子供がインフルエンザにかかりタミフルを処方された場合タミフルの副作用よりもインフルエンザの高熱で起こる脳症の方が怖いため投与すべき。もちろん医師の的確な指導の元で行動し自己判断しないことが大事

 

とにもかくにも予防ですね。

 

お母さん、お父さんは進んで予防接種は受けるようにしましょうね(*´ω`*)

スポンサーリンク