新生児のいびきの原因は?対処しなくても大丈夫なのかな?

このページに来られたという事は新生児の子供がいびきをかいて

悩んでる方でしょう。

illust05

 

まず思ったことは

 

新生児なのにいびきって…大丈夫なの??

 

といったところでしょう。

 

いびきのイメージは疲れ切ったおじさんみたいな感じですよね(*_*)

 

もちろん理由あってのことですが安心してください。

 

新生児のおよそ半数はいびきをかいています。

 

驚くべき数字ですが生まれて間もないのにいびきをかくということは決して珍しいことではあありません。

 

いびきの原因は?

原因は様々考えられますがよくいわれる理由が

 

のどの位置ですね。

 

赤ちゃんはのどの位置が比較的高くさらには舌が上の方にあるため口で呼吸がしいくい状態にあります。

 

つまり必然的に鼻で呼吸をすることになるのですが鼻が詰まっていたりするといびきをしてしまうことになるんですね。

 

これが原因で起こるいびきの場合は成長とともにのどの位置が変化し改善されることでしょう。

 

そして赤ちゃんの呼吸法は主に鼻呼吸なのですがアレルギーや鼻炎クラスの鼻づまりになってしまうと鼻呼吸が難しくなり口呼吸に変わります。

 

口呼吸が主になると赤ちゃんはいびきを起こします。

 

これらはカーペットのダニやほこりお家の環境で引き起こされるアレルギーになりますので日頃から清潔を心がける必要があります。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの口呼吸は非常に深刻で説明したようにのどの位置などにより口での呼吸が困難な状態になります。

 

口でも呼吸ができずさらに重度の鼻づまりの場合最悪は無呼吸呼吸困難などの危険を引き起こす可能性もありますので注意しなければいけません。

 

新生児の場合鼻の奥の箇所がまだ未発達で大人に比べ非常に柔らかい部分があります。そこに空気が入ると柔らかいので振動し音が発生します。

 

これもいびきの原因と考えられています。この原因に関しては何も心配する必要もありません。

 

このようにいびきといっても様々な原因で起こるのです。様子をみるだけで大丈夫なものや病院に駆けつけないといけない原因まであります。

 

それらの判断は近くにいるあなたになりますのでよく観察するようにしましょう(*´ω`*)

 

判断のポイントは

 

 ぐっすり睡眠がとれているか

 

になります。

 

いびきをかいていてもすやすやと眠りについていれば問題はありません。

 

苦しくてすぐに起きて泣いたりする場合はきちんと対処するようにしてあげましょう。

スポンサーリンク