育児

新生児の時期はまばたきしないんですか??理由は??

赤ちゃん「まばたきしてない!!」と気づいたお母さんもいるでしょう。

そうなんです。新生児の頃はあまりまばたきしないんですよね。
理由はなんなんでしょうか??

もしかしたら気づいてないお母さんもいるかもしれませんね。

赤ちゃんの目をじっと見てあげて下さい。

まばたきしてますか??

10回未満しかしない

してないという言葉はウソになっちゃいますがかなり回数的には少ないと思います。

大人である私たちは1分間に20回程度まばたきをします

新生児の時期はなんと1分間に多くても10回ほどすくなければ3回ほどしかしません。

考えただけでも目が痛いですww

大人の涙とは質も量も違う

そもそもまばたきの必要性って知ってますか??

最早ほとんど無意識だとは思いますが

基本的には眼が乾燥してしまわないように涙腺で生成された涙をまばたきすることで眼全体に潤いを与える役割があります。

しかし赤ちゃんの眼は簡単には乾燥しないんですね。

大人とは違って涙のが違ういます。

さらには大人の2倍の量があるので簡単に蒸発し乾燥しないようになっているんです。

ピント合わせがうまくできない

まばたきのもう一つの役割がピント合わせの調整です。

眼の焦点・・ピントがずれる度にまばたきをし調整するんです。

1793516_R0010434

が新生児は眼の発達も十分ではありません。

というか視力も悪くピントを合わせるのに非常に時間がかかるんです。

まばたきをする度にピントを時間をかけて合わせないといけないんですね(*_*)

なので極力まばたきをしないようにしてるんですよ。

まとめ

新生児の時期は涙の質がよく簡単には蒸発しないため乾燥しにくいのと眼の発達が不十分のためピントをうまく合わせる事ができないのでまばたきの度に焦点を合わせる事を避けるためにまばたきの回数を少なくしている。

視力の成長は非常にゆっくりでまばたきも多くなる時期は生後5ヶ月頃になってからです。

新生児の視力・・いつから見えるようになる?も参考にして下さい。

まばたきが少ないと不安になってるお母さんもいるかもしれませんが全く

問題ないので安心してくださいね。