新生児も熱中症になる!?適切な暑さ対策が必要ですよ。

熱中症は当然赤ちゃんにだって起こりえます。

 

もちろんそれを防げるのは親であるあなたです。夏が来る前に適切な暑さ対策を知っておきましょう。

images

地球温暖化の影響からか夏の時期の期間が年々長くなってるような気がしますね・・

 

自分自身が熱中症にならないように気を付けるのは当然ですが新生児である子供の対策もしっかりしてあげないといけません。

 

基本的には外出しない

これがとりあえず手っ取り早いですね。

 

確かに屋内での熱中症も多いのが現実ですがエアコンや扇風機などの機器を上手に使うことで回避は可能です。

 

1番危険なのは直射日光なので日差しが強い日中の時間帯は外出を控えましょう。

sun

しかし買い物などどうしても出なくてはならない場合は日がまだ浅い午前中もしくは日が沈みはじめる夕方以降にするように意識しましょう。

 

エアコンの冷やしすぎはやめましょう

屋内の熱中症を防ぐためにエアコンを使用することは大事ですが危険なのは設定温度です。

2d03df827a63ec219254d74e4b069c38

詳しくはコチラの記事を参考にしてください。

 

 夏の時期のエアコンの設定温度は?服装にも気を付けよう。

 

ベビーカーに保冷シートを装着

外出時にベビーカーを使う方もいるかと思います。

 

いくら日差しの弱い時間帯といえ気温は高いですよね( ゚Д゚)

 

そこでベビーカー専用の保冷シートというものがあるんですね~

illust794

それを使ってあげることで暑さ対策になります。

 

ちなみにおススメはこちらです。評価も高くベビーカーだけでなく抱っこひもやチャイルドシートにも使用できるんですよ(*´ω`*)

 
 保冷シートの口コミ評価の確認はコチラです♪

 

 

もちろん水分補給も忘れずに

母乳やミルク以外にもお湯を冷ました白湯を飲ますなど授乳時間以外にも適度に水分補給をすることが望ましいでしょう。

 

外出時だけでなく屋内でも同じ事がいえます。

 

熱中症対策として日中は基本的には外出を控え適度な水分補給を意識し屋内で過ごすにあたりエアコンの設定温度に気をつける。

 

 

子供の暑さ対策にばっかり頑張ってあなたが倒れてしまっては本末転倒ですよ(;’∀’)

 

自分の体調管理もしっかりするようにしてくださいね(^^♪

スポンサーリンク