赤ちゃんがあせもになってしまった・・何科に連れていくべき?小児科?皮膚科??

夏の暑い時期に起こる赤ちゃんの皮膚トラブルで多いのがあせもです。

 

赤ちゃんは汗の量が多いためあせもの発症率は非常に高いとされています。

 

そんなあせもになった時思うかもしれませんね。

 

「赤ちゃんのあせもは何科の病院に連れていくべき?」

illust2096

小児科?

 

皮膚科?

hospital

まずは小児科へ連れて行こう

まずは小児科に連れていくことで問題ありません。

 

多くのあせもは小児科で診察を受けることで

isya

解決することが多いようです。

 

皮膚科ではダメ?

皮膚科はダメというわけではないです。

 

イメージとしてはやはり

 

「皮膚のことなんだから皮膚科の方が詳しそう」

illust2096

と思うのも仕方のないことですね。

 

小児科の先生も赤ちゃんの症状には非常に詳しいので十分対応してくれるんです。

 

小児科が皮膚科を紹介してくれる

「皮膚科に行った方がいいよ」

開業

もしあせもの症状がひどく専門の先生に診てもらった方がいいと

 

判断された場合は小児科の先生が皮膚科の先生を紹介してくれるケースが多いようです。

 

風邪がうつされたくないから皮膚科に連れていく

あせもは風邪ではありません。

 

しかし小児科に連れていくと風邪の症状を持つ子供もいますね。

 

「あせもの診察を受けるだけなのに風邪菌をもらいたくない」

プリント

という思いから小児科には連れて行かないというお母さんもいるようです。

 

もちろん100%風邪をもらうわけではないですがどうしても気になる場合は無理に小児科で診てもらう必要もありません。

 

スポンサーリンク

 

 

いろんな意見がある疑問内容ですがどちらが正解ではないということです。

 

ただ小児科に行く頻度の方が多いため相談しやすいのは小児科の先生という人が多いと思います。

 

あせもになった場合はまずは小児科に連れていき相談し皮膚科で診てもらった方がいいと判断された場合は皮膚科で診察を受けるようにしてみてはいかがでしょうか??

 

 

赤ちゃんがあせもになった場合はまずは小児科で診察をうける。あせもの症状によっては小児科の先生が皮膚科の先生を紹介してくれる。

 

 

あせもはかゆみを伴うため見ているとかわいそうになりますよね(*_*)

20130625122924

市販の薬や自己の判断で治そうとするよりもまずは病院で診察を受け

 

適切な処置を教えてもらうのが1番早く治る方法だと思います(*´ω`*)

 

そしてできるだけの予防をしてあげるのも大事ですね。

 

 赤ちゃんのあせも対策をしよう!!

 

予防を意識するだけで症状を軽く抑えることも十分可能だと思いますよ。

スポンサーリンク