赤ちゃんにそばを食べさすのはいつから?そばが危険な理由って??

大人がとくにアレルギーを持っていなくても子供には反応する場合もあります。

 

特にそばアレルギーは危険といわれていますがいつ頃から食べさしてもいいのかそもそもなんでそばだけがそんなに危険と判断されているのか理由を知っていますか?

 

母乳で育ち離乳食が始まりそして私たちと変わらない食べ物を食べるようになっていきます。

 

その中にそばという選択肢もでてくるでしょう。

dec03_a28

「でもそばはアレルギーが怖いときいたことがある・・」

 

という人は多いと思います。

 

離乳食が終了する頃から

「いつから食べさしてもいい??」

illust2096

いわれているのは離乳食が終了する頃の1歳すぎといわれています。

 

しかし親御さんがアレルギー体質であればもう少し与えるのを先延ばしにした方がいいかもしれません。

 

「そばはアレルギーが怖いからもうちょっと後からにしよう」

 

そういったお母さんも多いようです。

 

子供が内蔵機器がしっかりしてくる2歳くらいまでは与えないというのも1つの方法でしょう。

 

そばの何がそんなに危険なの??

「なんでそばはそんなに危ないといわれてるの?」

lgi01a201310110000

そばは食べ物なので食物アレルギーに分類されるのですがアナフィラキシーショックというのを知っていますか??

アナフィラキシーショックとはアレルゲンを摂取すると非常に短い時間の間に全身にアレルギー症状がでます。血液が低下し意識を失うこともあり命の危険さえもある。

 

そうなんです。

 

ただのアレルギー反応だけでなくアナフィラキシーショックという怖い症状を引き起こす可能性が非常に高いんです。

 

さらには摂取しなくてもそばをゆでる湯気が原因でアレルギー反応を引き起こす場合もあるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

まずは本当に少量から

絶対にそばを食べささないといけないという状況というのはあまりないと思います。

 

でもそばもおししいですよね。子供にもそばを食べさしてあげたいと思ってると思います。

 

安全なのはやはり2歳くらまで待ってまずは本当に少量、一切れを与えてみて下さい。

akachan_rinyusyoku

そして様子をみましょう。

 

そばアレルギーはすぐに症状がでるので判断できるのは早いはずです。

そばアレルギーはアナフィラキシーショックを引き起こす可能性が高く危険といわれている。胃や腸が発達する2歳頃から与えだしている家庭が多い。

 

そばはアレルギー反応が高いために免疫をつけることも難しいといわれています。

 

通常の食物であれば少量与えて免疫をつけるとうのは有効なのですがそれさえもできないくらいそばのアレルギーは危険ということなんですね。

 

もし親御さんがアレルギーを持っているのであれば3歳くらいまではまだ与えない方がいいかもしれません。

 

病院で相談するのも大事かと思います。

 

今週1番読まれている記事はコチラ♪

 

スポンサーリンク