赤ちゃんのおやつの量はどのくらい?いつからあげてもいい?必要性ってあるの?

母乳、ミルク、そして離乳食とどんどん栄養をとる方法が変化してきます。

 

赤ちゃん用のおやつもたくさん商品化されてますがいつ頃から与えてもいいのか?というか必要あるの?と思ったことありませんか?

 

illust3756

 

実は意外と知られていないんですがおやつは必要性があるんです。

 

おやつから得る栄養補給

実は離乳食が終了する1歳過ぎた頃というのは子供は非常にパワーを使います。

 

動き回ったり声をだしたり小さい身体でいっぱいいっぱい頑張るからですね。

url

言葉にさえしませんがその分お腹は減るわけです。

 

しかしまだまだ内臓系の未発達のためにお腹減ってるけど1度にたくさん食べることができないんです。

 

そこでおやつの登場です。ゆわゆる間食というやつですね。

 

まだまだ不十分な栄養分をおやつという食事で補うことができるんです。

 

おやつは離乳食が終了する頃からでいい

基本的におやつをあげる時期は離乳食を終了する時期からでいいんです。

 

離乳食では満足できずに大人と食べるものが変わらないようになってきた頃を目安に始めるといいでしょう。

 

その時期くらいになるとどうしてもエネルギー消費が激しくなってくるので1日3食の食事では足りなくなってくる頃なんです。

 

スポンサーリンク

 

 

どのくらいの量をあげればいい??

1歳すぎだとおよそ100キロカロリーほどはあげてもいいと言われています。

 

赤ちゃん用のおやつは糖分、塩分控えめにと考えてつくっているので少し多く摂取したからといって問題がでるわけではありませんがあくまで目安の数字と考えてもいいです。

 

しかし注意しないといけないのが通常のおやつですね。私たちが食べるような物は糖分、塩分、カロリーも高いのでむやみに与えてしまうと未発達な内臓に負担を与えかねないので

 

ほしがってもあまり与えない方がいいでしょう。

5ff71cc5

 

 

赤ちゃんのおやつには食事では足りない栄養を補給する役割がありおよそ1日100キロカロリーを目安に離乳食が終わる頃から与え始めるといい。

 

 

おやつを与えると子供は自らおやつをつかんで口に運んだりという運動をするようになります。

 

そのささいな行動は成長の証ですしつかんだりできたことにより赤ちゃん自身も喜んだりします。

 

けど嬉しそうにするあまりおやつの与えすぎには注意しましょうね(*´ω`*)

スポンサーリンク