赤ちゃんの奇声っていつまで?原因は何??

赤ちゃんの突然の奇声・・心配になりますよね。。

 

一体いつまで続くのか、何が原因なのか少し分かっていてあげて下さいね。

 

「何か悪い症状なのかな・・」

illust2543

と不安に感じることもあると思いますが実はこの赤ちゃんの奇声はちゃんと成長している証拠になんですよ(*´ω`*)

 

時期により奇声をあげる理由が異なる?

 

 生後3ヶ月ほどの赤ちゃんは声を出すための練習

 

 生後半年ほどの赤ちゃんは自分の声に反応している

 

 生後1歳~2歳の赤ちゃんは言葉でうまく表現ができないため

 

というように言われています。

 

生後5ヶ月ほどになると赤ちゃんも聴力が発達してきて周りの音を感じるようになります。

 

もちろんそれは自分の声というものにも反応するわけなんですね。

 

「自分で出した声が聞こえる~」

 

と赤ちゃんは喜んでしまうんです(*´ω`*)

 

結果大きな声をだしてしまう。それが私たちには奇声に聞こえてしまうんです。

 

それが生後1歳を超えてくると自分でいろんな物を見て感じるようになります。

 

そしてそれを言葉で表現し伝えたいのにうまくいかない

crybaby

それに苛立つような気持ちもどかしさから奇声をだすようになってくるんですね。

 

それはつまり日々成長し赤ちゃん自身がいろんなことを感じることができるようになりそれを言葉という表現方法で伝えようと一所懸命になってるからなんです。

 

奇声はいつまで続くの??

原因から分かってもらえるように

 

「この時期にはおさまりますよ」

 

といった時期はありません。

 

それはやはり赤ちゃんそれぞれで成長過程のスピードが異なるからですね。

 

原因から考えると成長すればするほど奇声を発生する回数というのは減少していくことは間違いないでしょう。

 

最終的には自分で声のコントロールや自分が感じていることをうまく伝えれるようになってくれればいいのですから(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

 

 

喜怒哀楽を伝えている

赤ちゃん自身が

 

楽しい

 

怒る

 

悲しい、不安

 

かまってほしい

 

しんどい

 

といった状況でも奇声を発するといわれています。

url

子供の表情を見て今どういった気持ちなのかなと判断してあげるのも大事かもしれません。

 

声の練習や自分の声に反応したり喜怒哀楽をうまく表現できないために奇声を発する。成長の証であるので心配はいらない。子供の成長によりおさまる時期は異なる。

 

 

「ぎゃ~」

 

っていきなり奇声を発せられたらびっくりしちゃいますよね。。

 

でもその度に

 

「成長してるんだな」

 

と思ってあげてみて下さい。

スポンサーリンク