赤ちゃんの紫外線対策は大丈夫?その湿疹の原因は日光浴のせいかも!?

紫外線対策は大人の女性にしてみれば至極当然のように行いますよね。

 

では赤ちゃんのためにはしてますか?

 

子供なんだから気にしなくていいという時代ではありません。

sun

紫外線は赤ちゃんの時期だからこそ意識する必要性があるんです。

 

日光湿疹になる可能性があります

日光湿疹とはその名のとうり紫外線を浴びて皮膚が炎症お起こすことです。

 

赤ちゃんの時期は肌が弱いために大人と同じ時間紫外線を浴びると倍ほどダメージが変わってきます。

 

なので赤ちゃんだからこそ紫外線対策は重要となってくるのです。

 

すぐできる紫外線対策とは?

「じゃあ具体的には何をしたらいいの?」

プリント

紫外線が直接当たらない工夫をすればいいだけです。

 

つまりお母さん自身がいつもしてる紫外線対策をしてあげればいいんです。

 

赤ちゃんの場合だと基本的には長時間の外出は控えるのがいいでしょう。

 

外出する場合でも帽子はかぶらせ肌の露出は最小限にとどめることも大事です。

 

スポンサーリンク

 

 

室内でも紫外線を浴びる!?

紫外線は外出した時だけではないんですね。

 

室内にいる時でも起こる可能性が潜んでいます(;’∀’)

 

赤ちゃんをどこでお昼寝さしていますか?

 

もし窓際で時間帯によっては日差しが当たる場合は日光湿疹になる可能性があります。

img461cada9xqozts

「たったそれぐらいで?」

 

と思うかもしれませんがそれだけ赤ちゃんのお肌はデリケートなんです。

 

晴天の窓際なんて気持ちがいいとは思いますが

 

UV加工されたカーテンを使用することや日差しが当たらない場所で寝かすといった室内でも気を付ける必要があるんです。

 

 

赤ちゃんだからこそ紫外線対策をしっかり行う。肌がデリケートなため日光湿疹などの危険性がある。

 

 

外出から帰宅した時に赤ちゃんのお肌が赤くなってしまったときは

 

冷たいタオルで冷やして保湿剤を塗ることでお肌は落ち着いてくれる場合があります。

cosmetic_cream

ほったらかしにするのだけは避けたいところですね(*´ω`*)

スポンサーリンク