妊婦さんの悩み

産後は黒ずみができやすい原因は?いつ消えるの?

産後の肌が黒ずみ、悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。
妊娠前~産後に目立つ黒ずみは、部位によって原因が多少異なります。

ただ黒ずみといってもできる部位は顔や脇、デリケートゾーンなどいろいろ。
それぞれの部位で原因を見て行きましょう。

産後の黒ずみができる原因

妊娠中、産後に黒ずみができやすい理由はホルモンが増加する事が原因です。
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が急増します。

これら2つのホルモンは、メラニン色素を増やしてしまう働きを持っているのです。
メラニン色素の増加によって、色素沈着を起こしやすくなります。

そのため脇など、身体のデリケートな部分の黒ずみが発生しやすくなると考えられています。

また、元々デリケートな部分にはメラニン色素が蓄積しやすいということも黒ずみが目立ってしまいやすい理由と言えるでしょう。

お腹に現れる正中線も同じようにメラニン色素が原因によるものですね。

産後シミ、そばかすができやすいのも同じ理由

またメラニン色素はシミ、そばかすのように顔にも影響を及ぼします。

産後はとくに紫外線を予防しなければ、シミやそばかすがどんどん色濃く目立つようになってしまうとも考えられるでしょう。

産後シミとも呼ばれるように黒ずみ同様シミの発生率も高くなってしまうのもホルモンバランスの影響が強いためです。

産後の黒ずみはそのままにしていて大丈夫なの?

女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が原因となってメラニン色素が増加する事で黒ずみが目立ちます。

そのため、産後一定期間が経過するとホルモンバランスも安定し、黒ずみも目立たなくなっていくのが普通です。

重要なのは産後のデリケートなお肌にダメージを与えないように日々の生活習慣を意識すること。

また、顔や身体の保湿ケアもしっかりと行い、皮膚の生まれ変わりである「ターンオーバー」を促進させることも大切です。

ターンオーバーによって、古く黒ずんだ角質をはがします。
数か月という期間が必要となりますが、徐々に黒ずみは目立たなくなって行くのです。

黒ずみが気になるからと、肌を擦る事はやめましょう。
擦ったとしても、黒ずみは消えたりしません。
擦ることによって肌が刺激され、黒ずみを悪化させる要因となるため注意が必要です。

乾燥は肌のターンオーバーを妨げるため、保湿と紫外線対策を忘れずに行いましょう。
産後は不規則な生活になってしまう事も仕方ありませんが、食生活だけは乱れないように注意をします。

黒ずみを早く目立たない状態にするために、美容化粧品を使用する事もおすすめです。
ビタミンC誘導体、水溶性プラセンタなど美白成分を含む化粧品は、メラニンを抑制し美肌に導く効果が期待できます。

http://xn--t8j9b3dt31nekvlru.com/pulepearl/