妊婦さんの悩み

妊婦中にできる正中線が人一倍濃い!!原因や産後に自然に消えるの?

正中線は妊娠中の多くのお母さんに現れる症状の一つです。
お腹の中心部分に黒いたて線が現れるもの。

ただ具体的にいうと妊娠したからという理由で正中線が発生しているわけではなく正中線は本来誰しもがもっている症状なんですね。

正中線は細胞分裂した跡であり今まで気づかなかったのは正中線が単に薄かっただけの話です。

ただ妊娠というきっかけがあり正中線が色濃くくっきりと目で確認できるようになっているというだけの話なんですね。

正中線の主な原因

正中線の主な原因はメラニン色素であると考えられています。
妊娠中の急激なホルモンバランスの乱れによりメラニン色素が過剰に分泌されます。

また肌の乾燥がいちじるしく悪化され衣服やダメージを受けやすい肌質に変化していることもメラニンの分泌を促進させる結果の一つです。

妊娠中にシミや黒ずみができやすくなる理由も同じメラニン色素が体内で急激に生成されるためでその影響を正中線にも影響を与えてしまうんですね。

色素沈着を起こしてしまうことで普段は薄くて目立たなかった正中線が濃く見えてしまうようになってしまうんです。

また普段から日焼けをしにくい人はメラニン色素が生成されにくい体質の人は正中線になりにくいともいわれています。

妊娠中にできた正中線は産後に消えるのか?

問題なのは濃くなってしまった正中線が産後に消えるのかどうかでしょう。
基本的には産後に正中線は自然と薄く目立たなくなっていくと考えられています。

妊娠中に急激に分泌量が増えた女性ホルモンも出産後は落ち着いてきます。
ホルモンが落ち着くことでメラニン色素の分泌も同じようにおさまります。

あとは色素沈着によって黒ずんでしまったメラニンが排出されることで薄くなっていくと考えられていますが、おおよそ産後半年~1年と比較的長い期間が必要になってきます。

正中線の濃さは個人差があります。

ただ妊娠中からかなり濃い正中線がある人やそうでない人でも同じように自然に消えていくと考えてもいいと言われています。

少しでも早く正中線を薄く目立たなくしたい!

産後自然に消えるとはいえ少しでも早く正中線を目立たなくしたいと考える人は少なくないでしょう。

正中線の原因はメラニン色素であるということはお腹の細胞のターンオーバーを高め色素の排出をサポートしてあげるのも有効でしょう。

代謝を高めるのに重要なのは保湿であるといわれています。
化粧水ではなくしっかりと潤いを与えてくれるような乳液、クリームを使用するのがいいでしょうね。

産後は育児で忙しいでしょうからオールインワンタイプなんかいいですね。

全身に使えるオールインワンエマルジョンナノクリア口コミレビュー

正中線は妊娠中に誰にでも起こる症状です。

なので消えなかったらどうしよう・・・恥ずかしい・・・とあまり気にせずにストレスを感じず妊婦生活をおくるようにしたほうがいいでしょう。